必勝祈願

鼻かけえびす

宇賀多神社志摩の浜島地区の神社にあるえびす像は、なぜか一年のほとんど鼻がありません。
これはいたずらではなく、漁師町ならではの風習によるものです。「鼻を取る」=「端(はな、つまり先端)を取る」ということで、漁師が誰より先に漁場につくことにつながり、鼻を持ってお守りにしているのです。

毎年1月20日には、大漁や商売繁盛を願う初笑いの神事が行われます。
えびす様にお詣りして勝利の先端を呼び込んでください。

また、初笑いの神事には、笑うことで、幸運のパワーを呼び込むと大勢のかたが参加します。

問い合わせ

志摩市観光協会
電話:0599-46-0570

前のページへ戻る