必勝祈願

宇賀多神社

宇賀多神社「受かった・うっ、勝った」などと発音できるところから受験生に人気の神社。最近では高校野球の勝利祈願におとずれる選手やゴルフの勝利祈願に訪れる選手も。勝利の神様としての由来は古く、宇賀多神社の主祭神である天忍穂耳命(アメノオシホミミ)は『古事記』では正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ)と表記される神様です。

名前の「マサカツアカツ(正勝吾勝)」は「正しく勝った、私が勝った」の意、「カチハヤヒ(勝速日)」は「勝つこと日の昇るが如く速い」の意で、「オシホ(忍穂)」は多くの稲穂の意で、稲穂の神であることを示します。

お守りもしゃれっけのある鬼に金棒まもりから雷から本殿を守った 宇賀多神社の「なぎの木」の木の葉が入ったお守りなど多種あります。

問い合わせ

宇賀多神社
http://www.geocities.jp/ugatajinnjya/index.html

前のページへ戻る